予約困難店が待望の2号店OPEN!更なる魅力Firenze Sake限定会員募集

 三軒茶屋で予約の取れないイタリアンとして大人気の和酒バル「Firenze Sake」が待望の2号店をOPEN!「日本酒×イタリアン」に加えて、「牡蠣×スパークリング(Awa)」という「更なる魅力」をお愉しみ頂ける特別会員様を限定募集いたします。

==============================================

 

「日本酒×イタリアン」 + 「牡蠣×スパークリング(Awa)」

 

 「日本酒×イタリアン」という新進気鋭のコンセプトのもと、OPENからわずか1年足らずで予約困難店として有名になった和酒バル「Firenze Sake」から待望の2号店がOPENします。

 
多くの食通を虜にしてきた本店の人気メニューはもちろん、今回は女性からのラブコールがやまないこだわりの「牡蠣」を心ゆくまでご堪能頂ける『魅惑の牡蠣メニュー』に加えて、以前期間限定で実施したところ大盛況過ぎて予約や取材も殺到した『生牡蠣食べ放題コース』も登場。

 更に、「独自ルートで仕入れる良質かつ希少な牡蠣」を一年中味わって頂くとともに、ワイングラスで嗜む「スパークリング」酒を掛け合わせることで未だかつてない絶品のペアリングが完成しました。 

 

 都会の喧騒を離れた、三軒茶屋のオーセンティックな空間で。Firenze Sake Oyster&Awaは、ワイングラス片手に楽しむ『極上の牡蠣×スパークリング(Awa)』で、未だかつてない体験をお楽しみ頂くことをお約束します。

==============================================
 

会員制導入への想い 〜 Firenze Sakeの『常連』のお客様にゆっくりとお寛ぎ頂きたい
 

 Firenze Sake 2号店のOPENに際し、マクアケ限定のお得な「特別会員」を募集致します。会員制を導入することで『常連』の会員様に予約困難な1号店と違って、ゆっくりとご利用頂き、お寛ぎ頂けると期待しております。更に、会員のステージが上がるほど特典が充実する利用すればするほど益々「自分のお店」として便利になる特別なサービスをご提供させて頂きます。
 

会員様のステージ毎に

 

① 特別会員様だけが注文可能な『数量限定の希少酒』 

② 利益度外視『Makuake限定生牡蠣食べ放題コース』

③ メニューに載っていない特製『裏メニュー(スペシャリテ)』

④ Firenze Sake Oyster&Awaの真髄を味わえる『究極のペアリングコース』

⑤ お店丸ごとをプライベート空間にする『貸切 Oyster Party』

 

と、お店をより魅力的に使いこなして頂ける特典が充実して参ります。『究極のペアリングコース』では、『水牛モッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼ  (栃木)モダン仙禽 亀の尾』、『スペック生ハムとイチジク & (福島)にいだしぜんしゅ 純米吟醸』、『タレッジョチーズのハムカツ  (滋賀)七本槍 低精白純米』など、会員様限定の絶品のペアリングをお楽しみください。

そして、、1号店OPENの際にも大好評を博したお客様専用の「My Glass」に続いて、今回は超限定で
 

● 貴方だけの特別なAwaが煌めく『My Sake Glass』

を「お名前」「シリアルNo.」を入れてご提供いたします!前回以上に数量を限定して各ステージ毎の特別会員様『10名様限定』で、オーセンティックなBARカウンターの棚に飾らせて頂きます。

 

◆1◆ 「新たな魅惑の『泡・牡蠣』体験」3つのこだわり

 

 都会の喧騒を離れた、三軒茶屋のオーセンティックな空間で。Firenze Sake Oyster&Awaは、下記3つのこだわりを持って大切な会員様の「新たな夜の体験」をお約束します。

——————————————————————————

こだわり① 極上の『牡蠣×スパークリング(Awa)』

こだわり②『日本酒×イタリアン』の浸透と確かな実績

こだわり③ 喧騒から離れた『大人の会員制隠れ家』

——————————————————————————

 

こだわり① 極上の【牡蠣×スパークリング(Awa)】

 

〜時代は「肉女子」よりも『牡蠣ガール』 〜

 1号店でご提供していた季節限定のメニューの中でも、お客様からアンコールの声が最も多かった食材が「牡蠣」。今や「#牡蠣ガール」というキーワードも生まれるほど、

 ・「お肉よりも牡蠣が食べたい」

 ・「冬だけでなく一年中美味しい牡蠣が食べられたら・・・」

という声が当店でも後を絶ちませんでした。そんな大切なお客様の声にお応えし、当店では本店の「日本酒×イタリアン」というコンセプトに加えて、極上の牡蠣を一年中心ゆくまでご堪能いただけるメニューをご用意いたしました。
 

 通常、フレッシュな牡蠣は冬の間でしか食すことができませんが、当店は長い年月をかけて築き上げた生産者との強い信頼関係の元、全国各地に10種程度の独自仕入れルートを持っています。海産物は情報、そして人脈勝負。市場に出回る前の新鮮かつ安全な牡蠣を直接取引きすることで、一年を通して「常時」3〜5種の最高の状態の牡蠣をご用意して皆様をお待ちしております。
 

 全国各地から仕入れたフレッシュで濃厚な牡蠣は、シンプルにそのままの「生牡蠣」でいただくのはもちろん、イタリア本場で修行を積んだ人気シェフならではのバラエティ豊かなトッピングソースを添えてもお召し上がりいただけます。さらに、希少な日本酒で蒸しあげた「蒸し牡蠣」や、焼き牡蠣や牡蠣フライなどの温かいメニューもご用意し、その日仕入れた牡蠣に合わせて最もベストな食べ方をお勧めさせていただきます!

 

<魅惑の牡蠣メニュー例>

 

①生牡蠣(宮城県石巻)

1ヶ¥350(他の産地)1ヶ¥400〜  /  産地別の生牡蠣3種食べ比べセット¥1100〜  ※トッピングソース  【ピリ辛アラビアータソース、シェリービネガー、パクチージェノベーゼ、ライム】各¥40

 

②蒸し牡蠣  

1ヶ¥380(他の産地)1ヶ¥430〜   ソース(ライム、レモン、アラビアータソース、パクチーソース、シェリービネガー、ゴルゴンゾーラチーズ)

 

③獺祭で蒸し牡蠣!!

(鍋に10ヶ〜12ヶ入り)¥1980  トッピングソースが3つ選べます。(ライム、レモン、アラビアータソース、パクチージェノベーゼ、シェリービネガー、ゴルゴンゾーラチーズ)

 

④焼き牡蠣

・牡蠣のガーリックバター焼き +50  /  牡蠣のゴルゴンゾーラ焼き +¥50

 

⑤Firenze Sake特製牡蠣フライ  ¥850

 

〜こだわりの日本酒。牡蠣には泡(Awa)を・・・〜

 

 「牡蠣といえばシャブリ(白ワイン)」、という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?確かに、ミネラル感の通ずる牡蠣と白ワインは無難によく合う組み合わせ。しかし、産地や調理法によって様々に七変化する当店こだわりの極上「牡蠣」には、旨味を最大限に引き出すお酒がそれぞれに存在します。それが当店自慢の「日本酒」、中でも「日本酒スパークリング(Awa)」なのです。
 

 すっきりとした酸の中にも、奥行きのある旨味や甘さが感じられる日本酒スパークリング。近年人気の『獺祭スパークリング』や『すず音』にとどまらず、『長野の蔵元が作る超希少なシードル』や『有名な蔵元が作ったクラフトビール』など様々なスパークリング酒をご用意して会員様をお待ちしております。
 

 さらに、『牡蠣専門の大変希少な日本酒 ima』や、その日ご提供する牡蠣と同じ産地で作られた日本酒などと合わせた「ペアリングコース/きき酒セット」もご用意。時には日本酒にとどまらず、生牡蠣にエクストラバージンオイルを合わせてシラーやピノノワールなどの赤ワインでお出しすることも。

 会員の皆様の「こんなの初めて」を引き出すこと、またお連れ様と一緒に「初めての体験」をしていただくことで、より深く大人の夜をお楽しみいただけるよう尽力いたします。

 
 

こだわり②『日本酒×イタリアン』の浸透と確かな実績

 

〜ワイングラスで嗜むスタイリッシュな日本酒〜

 当店の生みの親ともなる1号店「Firenze Sake」は、「日本酒×イタリアン」というコンセプトで約1年前にオープン致しました。イタリアン=ワイン、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、イタリア料理の味の決め手となる「酸」と、近年多くの酒蔵が造る日本酒の「酸」は驚くほどの好相性。かつては安価な印象の強かった日本酒も年々その価値が認められ、今ではワインのように高額で取引されたり、本場イタリアやフランスで食中酒として提供されることもあるのです。
 

 そんな日本の誇りとも言える「日本酒」の魅力を、より多くの方にお愉しみいただきたい。気軽な一杯はもちろんのこと、『特別な日に特別なお酒』として存分に堪能してほしい。そんな思いから、当店では日本酒を『お洒落なグラス』でご提供しています。

 例えば、「きりりと冷えた日本酒スパークリング」は泡が綺麗に立ち上るシャンパングラスで。「淡麗の純米酒」はドライな口当たりを感じられるお洒落なグラス、米の旨みやコクを奥深く感じてほしい「純米大吟醸」は、香りが引き立つようワイングラスで・・・

 お猪口ではなくワイングラスで嗜んでいただくことで、これまで感じることのなかった日本酒の香りやうまみ、コクや奥深さを愉しんでいただくとともに、スタイリッシュで大人な夜の素敵な時間を彩ることができたら幸いです。

 

〜予約困難店を創り出した食事メニュー〜

 当店では、自慢の「牡蠣」をメインとしたメニューやお任せディナーコースはもちろん、1号店の人気メニューや旬の食材を存分に使用した「お酒に合う豊富なアラカルト」もご用意して会員様をお待ちしております。

 

<メニュー例>

・水牛モッツァレラとフルーツトマトのスープ仕立て  ¥930

・鶏白レバーのコンフィ ¥730

・茄子とリコッタチーズのインボルティーニ ¥680

・厚切りサーモンと漬けアボカド ¥880

・自家製ローストビーフ  ホースラディッシュのソース  ¥980

・黒豚のサルシッチャ  ¥1180

・仔羊のコトレッタ ルッコラ添え   アボカドマスタード添え  ¥1380

・牡蠣とゴルゴンゾーラのパングラタン ¥730

・ポテトフライ  パルミジャーノチーズがけ ¥580

 

【リゾット、パスタ】

・自家製ボロネーゼ&パルミジャーノチーズリゾット     ¥1480

・カラスミ香る生ウニのクリームソース  手打ちタリオリーニ  ¥1580

(※)季節や仕入れによりご用意出来ないものもございます。

 

 おかげさまで連日予約で満席を頂戴している1号店の人気メニューを、ぜひ2号店Firenze Sake Oyster&Awaの特別会員となって、この機会に味わってみませんか? 

 

こだわり③ 喧騒から離れた『大人の会員制隠れ家』

 

〜オーセンティックBARの重厚なカウンター〜

 都会の喧騒から離れた、ほっと一息をつけるような大人の街「三軒茶屋」。そんなこの街で、会員様に心ゆくまで大人の夜を愉しんでいただきたいという思いから、内装にも徹底的にこだわりました。

 すらりと伸びる木目調のローカウンターは、クラシックでありながら温かみのある印象。目の前には当店自慢の日本酒を始め、日本とイタリアの自然派ワインがずらりとならび、さながら本格的なオーセンティックバーのような大人の空間を演出しています。
 

大切なお連れ様との距離をぐっと近づけていただけると確信しております


 

 

〜マルチなシーンでの利用について〜

 当店の営業時間は18:00〜25:00まで、どんな時間帯にも万全の準備を持って会員の皆様をお待ちしております。ディナータイムでのお食事利用はもちろんのこと、夕食前にふらりと立ち寄っていただき、『食前酒としてスパークリングと生牡蠣』を。会食やデート後の二軒目使いとして、『焼き牡蠣と広島の日本酒』を。気の置けないお仲間同士でのシメとして『ボロネーゼと熟成酒の燗酒』を贅沢に。
 

 マルチなシーンで「日本酒×イタリアン」、そして「牡蠣×スパークリング」を楽しんでけたら幸いです。

 数ある飲食店の中から当店をご支援いただき、末長く愛して頂ける舌の肥えた大切な会員の皆様に、何度来ていただいても「初めて」の体験をしていただき、新たな発見やエンターテイメントを感じて頂ける夜になるよう、スタッフ一同おもてなしさせて頂きます。

 
 

 

◆2◆ 特別会員様の特典

 

① Oyster&Awa特別会員権

今回、通常は入会金(※)を頂戴する特別会員権がリターンとして付与されます。

(特別会員入会金:ゴールド5,000円、プラチナ10,000円、ダイヤモンド20,000円、ブラック30,000円)

 特別会員システムは、「来れば来るほどステージ(ランク)が上がる」航空会社のマイレージシステムと同様のシステムをとっております。「ゴールド→プラチナ→ダイヤモンド→ブラック」へとお客様のステージが上がるに連れて、次の②、③、④、⑤と様々なサービスがご利用頂けるようになります。

● 特別会員様だけが注文可能な『数量限定の希少酒』 

 また、特別会員様共通の特典として『数量限定の希少酒』をお楽しみいただけます。三重県の幻の地酒「而今(じこん)」や「作(ざく)」、秋田の「新政(あらまさ)」など、入手困難と言われる希少な日本酒を会員様限定でご提供致します。

 
 

② 利益度外視『Makuake限定生牡蠣食べ放題コース』

 ステージが「ゴールド特別会員以上」の会員様には利益度外視『Makuake限定牡蠣食べ放題コース(4,000円)』をご提供致します。

 女性でもペロリと20個以上食べてしまう新鮮な極上生牡蠣。思う存分心ゆくまでお洒落な空間で「年中通していつでも」ご堪能頂ける機会は他にはございません。

 

③ メニューに載っていないシェフ特製『裏メニュー(スペシャリテ)』

 ステージが「プラチナ特別会員以上」の会員様にはメニューに載っていない「特別な方限定のシェフ特製『裏メニュー(スペシャリテ)』(2,500円)」をご提供致します。

 『裏メニュー』は、その日最も美味しい状態でお出しできる厳選食材を、イタリアンの技法を駆使して、日本酒とピッタリな飽きることのない品々をお出しいたします。その「特別感」からお相手との距離がますます近づく『裏メニュー』としてご利用ください。

 

④ Firenze Sake Oyster&Awaの真髄を味わえる『究極のペアリングコース』

 ステージが「ダイヤモンド特別会員以上」の会員様にはFirenze Sakeの真髄を味わえる『究極のペアリングコース(10,000円)』をご提供致します。
 

Firenze Sake Oyster&Awa OPEN記念『究極のペアリングコース』(例)

    ~ 今夜のコース料理  ペアリング日本酒 ~

       Antipasto Piccolo / 小さいアンティパスト

マッシュルームのポタージュ  (福岡)三井の寿 ポルチーニ 秋純吟

         "Obanzai " alla italiani 4gsuti / イタリア風おばんざい盛り合わせ

水牛モッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼ  (栃木)モダン仙禽 亀の尾

      北海道産 鶏白レバーのコンフィ  [同上]

   ハーブ香る~ロシア風サラダ  (奈良)風の森 ALPHA TYPE1

   サーモンの冷燻製 ディル香るリコッタチーズ  [同上]

          "Chinmi" Misti / 珍味の盛り合わせ

   スペック生ハムとイチジク & (福島)にいだしぜんしゅ 純米吟醸

     炙りボッタルガ(サルデーニャ産カラスミ)  [同上]

      ンドゥイヤとシラスのカラブレーゼ  [同上]

             Fritto / 揚げ物

   タレッジョチーズのハムカツ  (滋賀)七本槍 低精白純米

            Antipasto Cardo / 温菜

    牡蠣とブルーチーズのグラタン  (千葉)木戸泉 AFS

            Carne / お肉料理

自家製ローストビーフホースラディッシュソース (兵庫)龍力ドラゴンEpisode3 純米

      豚バラとリンゴの煮込み  (京都)伊根満開 純米 [※熱燗]

            Risotto / リゾット

   "ピエモンテ風"出汁をきかせたリゾット  (石川)白菊 特別純米 [※熱燗]

             Dolce / ドルチェ

                自家製ジェラート  (富山)満寿泉 生貴醸酒[※熱燗]

 

⑤ お店丸ごとをプライベート空間にする『貸切 Oyster Party』

 「ブラック特別会員様」になっていただくと、プライベートな空間を独り占めできるよう『貸切 Oyster Party』をより気軽にお使い頂けるようになります。

 通常は合計売上100,000円以上でしか貸切をお受けしておりませんが、ブラック特別会員様は70,000円から貸切をお受けいたします。更に、今回のMakuakeの特典(リターン)では、70,000円相当の『貸切 Oyster Party』の権利1回分をなんと30,000円でお求め頂けます!(ダイヤモンド特別会員のコースに+30,000円で『貸切 Oyster Party』の権利1回分が付与されます)

 お誕生日や記念日など特別なシーンには、会員様とお連れさまだけで空間を独り占めできます。「あなただけのプライベートな空間」としてオーセンティックなカウンターで親身で身近なサービスや様々なおもてなしをさせていただきます。

 

● 貴方だけの特別なAwaが煌めく『My Sake Glass』

ステージが「ブラック特別会員以上の会員様」にはFirenze SakeのSakeを最も美味しく味わる『究極のMy Sake Glass(4,000円)』をお名前、シリアルナンバー入りで店内に装飾します。

 

 
 

◆3◆ 最後に・・・

 

 日本酒と和食を一緒に楽しめるお店も、ワインとイタリア料理を楽しめるお店も、すでに数多く存在します。
 

 僕たちが手掛けるFirenze Sakeでは、「まだ誰もやってない何か」に挑戦したい。「日本酒 イタリアン」という新鮮な組み合わせにこそ意味がある。そう考え、日本酒を食中酒としてイタリア料理の良さを楽しめるお店をオープンしました。
 

 その結果、「日本酒×イタリアン料理」の異色のペアリングが大好評で、連日満員の三軒茶屋の人気店となりました。今回、満を持してFirenze Sakeの新たな展開の第一弾として、Firenze Sake Oyster&Awaという「牡蠣xスパークリング」という切り口のお店をオープンすることになりました。

 今回は元々のFirenze Sakeのコンセプトの一つである『イタリア移民が集うNYブルックリンにある日本酒BAR』というイメージに近い雰囲気の店構えです。そこで、今まで扱ってきた食材の中でも自信と実績のある「牡蠣」にフィーチャーした新展開をスタート出来ることを嬉しく思います。

 是非、「日本酒×イタリアン」+「牡蠣×スパークリング(Awa)」という未だかつてないスペシャルペアリングを体験しにお越し頂けるのを心よりお待ちしております。

実行者紹介

熊谷 貢(くまがい みつぐ)

 Firenze Sake全体のコンセプトや運営プロデュース全般を手がける。三軒茶屋1丁目にあるワインバー「Luna Piccola(ルーナ ピッコラ)」の経営も含め、イタリアン一筋23年。並々ならぬ情熱を食材やお酒に傾け、日々美味しい食の追求に余念がない。

Source: Makuake