コーヒーやサンマのはらわたなど「大人の味」がわかるようになるのは唾液に含まれるタンパク質のおかげかもしれない

この世の中に「苦い食べ物が大好きです」という人はあまり多くないはずですが、一方でサンマのはらわたやサザエの黒いところ(=ワタ)、はたまたビターチョコレートやコーヒー、ビールなどの「苦み」に大人になってからとりこになってしまう人も多いはず。このように、最初のうちは苦手でも徐々に慣れ親しみ、いつの間にか大好きにさえなる味は英語でAcquired tasteと呼ばれ、日本語では「大人の味」などと表現されたりもします。最新の研究からは、このAcquired tasteは唾液に含まれるタンパク質の成分が変化することでもたらされるかも知れないという実態が明らかにされています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE