3Dプリンターを使って安価に自動航行可能な船をMITが開発、大量生産も可能に

3Dプリンターで製作でき、無人での自律航行が可能な船をマサチューセッツ工科大学(MIT)のMITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)で所長を務めるダニエラ・ルス氏らの研究チームが開発しました。開発した船が実用化されることで、アムステルダムや、バンコク、ヴェネツィアのように水路の発達した都市での渋滞緩和が見込めます。

続きを読む…

Source: GIGAZINE