人の腕のように動く筋肉ロボット 東大が開発、生体と融合する義手目指す

東京大生産技術研究所は、ラットの細胞を培養して作った筋肉を使い、人間の腕と似た仕組みで動くロボットを開発した。筋肉のメカニズムや老化の研究、生体と融合可能な義手・義足の開発につながることが期待される。
Source: ITmedia NEWS 速報 最新記事一覧